成岡マネジメントオフィス

NMO勉強会(京都)

4月の開催ご案内

2017年4月度 第184回 NMO勉強会(京都)
日時:4月13日(木) 19:00〜21:00
会場:COCON烏丸4階シティラボ内セミナールーム
(市営地下鉄烏丸線「四条駅」下車 / 阪急京都線「烏丸駅」下車すぐ
「地下鉄2番出口」より1階正面玄関へ)
参加費:1,000円(当日徴収)

講師:久乗 哲氏(税理士法人りたっくす 代表)
テーマ:平成29年度の税制改正の解説
    〜知らないと損をする中小企業に関連の税制改正を解説〜

●どなたでもご参加いただけます。参加ご希望の方は、「4月京都例会参加希望」とご明記のうえE-mailにてご連絡ください。



5月の開催ご案内

2017年5月度 第185回 NMO勉強会(京都)
日時:5月11日(木) 19:00〜21:00
会場:COCON烏丸4階シティラボ内セミナールーム
(市営地下鉄烏丸線「四条駅」下車 / 阪急京都線「烏丸駅」下車すぐ
「地下鉄2番出口」より1階正面玄関へ)
参加費:1,000円(当日徴収)

講師:中井 忍氏(京都中央信用金庫 営業第一推進部)【予定】
テーマ:地域経済分析システム RESASを活用する
    〜地方創生に活かせる貴重なデータがてんこ盛り〜

●どなたでもご参加いただけます。参加ご希望の方は、「5月京都例会参加希望」とご明記のうえE-mailにてご連絡ください。



6月の開催ご案内

2017年6月度 第186回 NMO勉強会(京都)
日時:6月8日(木) 19:00〜21:00
会場:COCON烏丸4階シティラボ内セミナールーム
(市営地下鉄烏丸線「四条駅」下車 / 阪急京都線「烏丸駅」下車すぐ
「地下鉄2番出口」より1階正面玄関へ)
参加費:1,000円(当日徴収)

講師:八田 信男氏(IDEC株式会社取締役・株式会社ファーマフーズ監査役)
テーマ:AIとニューエコノミー
    〜IoTと日本らしさ〜

●どなたでもご参加いただけます。参加ご希望の方は、「6月京都例会参加希望」とご明記のうえE-mailにてご連絡ください。



会場(COCON烏丸)案内図

京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地
【鉄道】市営地下鉄烏丸線「四条駅」下車 / 阪急京都線「烏丸駅」下車すぐ
    「地下鉄2番出口」より1階正面玄関へ
【バス】「四条烏丸」下車すぐ


最新勉強会レポート

3月度NMO勉強会(京都)


▲熱心に聞き入る参加者

2017年度の03月NMO勉強会京都例会は、03月09日に予定通りCOCON烏丸オフィスにて開催されました。
今月のテーマは、中小企業のIoT。
成岡からいろいろな企業の事例を紹介しましたが、まだまだ大企業との格差は大きく、期待ほど現場では進んでいないというのが実感です。


2月度NMO勉強会(京都)

2017年02月度のNMO勉強会京都例会は、予定通り02月09日(木)COCON烏丸4階のセミナールームで開催されました。
当日の講師は、京都信用金庫企業成長推進部の梶山さん。彼は、経済産業省からの出向で、京都信用金庫に現在所属していますが、もともとこのテーマに本省で関わった当事者です。
それが原因か、当日は25名を超える大盛況。予備の椅子を出し、名簿にない人が多数お越しになり、運営は混乱しました。
久し振りに25名を超える例会になりました。

▲講師の梶山哲平氏 ▲満席となった会場

1月度NMO勉強会(京都)

2017年新年最初のNMO勉強会01月度例会は、01月12日(木)19時からCOCON烏丸4階シティラボセミナールームにて予定通り開催されました。
今月のテーマは「水素社会の到来」。企業内診断士で岩谷産業にお勤めの青木さんから、今後来るであろう未来の水素社会、燃料電池などに関して、詳しくお話しいただきました。
まだまだ普及していない燃料電池車ですが、2030年までに80万台の普及を国は目指しているとのことです。
究極のゼロエミッションである燃料電池車。しかし、まだ価格が700万円なので、普及には相当の時間がかかるでしょう。
岩谷産業も、このプロジェクトは大きな負担になっているようですが、原子力発電が今後難しいなかで、環境対策の大きな切り札である水素エネルギーの利用が、今後どのように進むか、注目に値します。

▲講師の青木孝之氏 ▲熱心に聞き入る参加者

12月度NMO勉強会(京都大阪合同)


▲満席となった会場

2016年最終の12月例会は、引き続き開催のクリスマス会の前に、京都大阪合同例会として12月23日(金)祭日の16時からCOCON烏丸4階のセミナールームで開催しました。
今回のテーマは、「中小企業のM&A」。特に関心が高かったようで、予想外に20名近くの方に参加いただきました。
譲り渡す側、譲り受ける側、双方にいろいろな事情を抱えることが多い中小企業で、どのようにすれば円滑に進行するのか。いろいろなケースにおいて起こった事例を取り上げ、気を付ける点や事業価値算出の方法などを解説しました。


11月度NMO勉強会(京都大阪合同見学会)


▲MOBIO
(ものづくりビジネスセンター大阪)

2016年11月度のNMO勉強会は、京都、大阪の合同例会として、東大阪市にあるMOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)の見学会を行いました。当日は土曜日にも関わらず、大阪府の担当者の露木さんが出勤いただきました。
14時から北館309号室で館内全体の運営や、設備、展示などの説明を約1時間していただきました。
その後館内の見学を案内していただきました。1階、2階に約180社の常設ブースがあり、イベント、勉強会などが頻繁に行われています。
ここを見ると、大阪、特に東大阪のものづくりの底力のすごさがよくわかります。
16時から、地元の有名な企業である株式会社中農製作所の中農康久会長に1時間講演をしていただきました。この会社の強み、すごさ、特徴、経営理念、ビジョン、人事制度など、今までの成長と発展の原動力になった「知的資産経営報告書」に基づき、あますところなく、そのノウハウを公開いただきました。

▲展示の模様 ▲中農康久氏の講演

10月度NMO勉強会(京都)

2016年の10月度NMO勉強会京都例会は、通常通り19時からCOCON烏丸4階のセミナールームで開催されました。
と書きたいところですが、初めてのハプニング。講師の南原氏が、地下鉄2番出口を間違えて阪急2番出口に行ってしまいました。阪急の2番出口は河原町四条です。そこから引き返すこと10分。ぎりぎり開催に間に合いました。
プレゼンの内容は自身が今年2月に立ち上げた学生で構成された新会社の業務内容、創業の思い、現在までの実績などでした。
参加者からは、このユニークな企業の将来の可能性を感じ、アドバイスやエールを送る質問や意見がいっぱい出ました。

▲講師の南原一輝氏 ▲活発な意見交換がされました