成岡マネジメントオフィス

NMO勉強会(京都)

10月の開催ご案内

2017年10月度 第190回 NMO勉強会(京都)
日時:10月19日(木) 19:00〜21:00
(当面は第3木曜日の開催になります)
会場:COCON烏丸4階シティラボ内セミナールーム
(市営地下鉄烏丸線「四条駅」下車 / 阪急京都線「烏丸駅」下車すぐ
「地下鉄2番出口」より1階正面玄関へ)
参加費:1,000円(当日徴収)

講師:中尾 武寿氏(中小企業診断士 京都府中小企業診断協会会員)
テーマ:ディープラーニングは社会を変える
    〜人工知能の主役であるディープラーニングの概要とビジネスへの活用〜

●どなたでもご参加いただけます。参加ご希望の方は、「10月京都例会参加希望」とご明記のうえE-mailにてご連絡ください。



会場(COCON烏丸)案内図

京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地
【鉄道】市営地下鉄烏丸線「四条駅」下車 / 阪急京都線「烏丸駅」下車すぐ
    「地下鉄2番出口」より1階正面玄関へ
【バス】「四条烏丸」下車すぐ


最新勉強会レポート

9月度NMO勉強会(京都)

2017年09月度のNMO勉強会は、今月から開催日を第3木曜日に変更して行われました。当日は開始時刻近くに阪急京都線で人身事故があり、数名の方が遅刻または欠席になりました。
09月上旬に5日間、ベトナムホーチミン市と足を伸ばしてシンガポールに行ってきました。その出張報告をしました。
05月の連休には、ベトナムハノイ市に出向いたのですが、ハノイは首都。ホーチミン市は商業の中心地です。市内は地下鉄工事の真っ最中。日本の技術支援で、ベトナム初めての地下鉄工事がいたるところで始まっていました。また、市内中心部に高島屋も出店し、これから消費が伸びる予感がしました。
シンガポールは、ホーチミンから飛行機で2時間。高層ビルの立ち並ぶ近代的な都市です。東京都くらいの面積に、600万人弱の人口があり、高学歴の富裕層と、バングラデシュなどからの出稼ぎ労働者が混在する都市です。
一度の海外で、2か国訪問すると、その対比ができて非常に勉強になりました。

当日の資料の一部(PDF)


8月度NMO勉強会(京都)

2017年08月のNMO勉強会は、08/16に予定通り株式会社成岡マネジメントオフィスの衣笠オフィスを会場に、開催されました。
当日の参加者は20名で締め切ったのですが、いろいろな事情で25名になりました。
午前中、主宰者の成岡は金閣寺入り口横のテントで、参加者各自の名前を書いた護摩木を記名奉納しました。
この護摩木は、保存会の方が当日大文字の火床まで、担いで登ってくれます。
17時から始まった小宴は、すぐにヒートアップし、各自の自己紹介もありました。
20時からの大文字の点灯は、なかなかこれくらい近くで見ることができない、非常に貴重な経験になったと思います。
地元の我々は、毎年見ている馴染みの光景ですが。

▼当日の模様を動画でもご覧ください!(MOV形式)
●法音寺から保存会の人たちが松明をともして出発(17秒)
●成岡のあいさつ(14秒)
●左大文字点火後の風景(9秒)

▲金閣寺山門横の護摩木奉納テント ▲衣笠オフィスを会場に開催の小宴
▲点火前の左大文字 ▲成岡から五山送り火の解説
▲法音寺での点火風景

7月度NMO勉強会(京都)


▲クリックで拡大(PDF)

2017年07月度のNMO勉強会京都例会は、07月13日に予定通り開催されました。
当日は、会場のCOCONからすま周辺は、鉾立が終わり、多くの観光客で相当な混雑でした。
当月は、主宰者の成岡が05月の連休に出張した、ベトナムハノイの報告会。10年ぶりの海外に出かけた印象から、40年前の日本を思い出さすベトナムの経済事情を、現地レポートの形で報告しました。
参加者の中で、つい1週間前にベトナムホーチミンに行かれた方があり、その比較のお話しが非常に面白かったです。
なお、主宰者はこの09月にもホーチミン、シンガポールに出張の予定です。


6月度NMO勉強会(京都)

2017年06月度のNMO勉強会京都例会は、予定通り06月08日(木)19時から開催されました。
当日のテーマがよかったのか、20名近くの満員大盛況。飛び入り参加者もいて、活発な感想が飛び交いました。
講師の八田さんは、シリコンバレーに頻繁に出向き、現地の情報は非常に新鮮でした。以前からのお知り合いの方も参加され、二次会も大盛況でした。

▲講師の八田信男氏 ▲熱心に聞き入る参加者

5月度NMO勉強会(京都)


▲京都中央信用金庫営業推進第一部の
宮嶋課長(右)と中井課長(左)

2017年05月のNMO勉強会京都例会は、予定通り05月11日(木)19時からCOCON烏丸4階のセミナールームで開催されました。
今月のテーマは、「RESASの活用」。「RESAS」という言葉を初めて聞かれた方も多いかと思いますが、政府が莫大な税金を投入して各地各所のビッグデータを集めて、加工し、いろいろな目的に沿ってデータを出せるようにしたデータベースです。
例えば、亀岡市とその周辺市町村を統合した年齢別人口動態は過去はどうで、これからどうなっていくだろうか?という資料が、一発で図やグラフ、数字で出てきます。
あるいは、この特定の地区の業種別の店舗の分布はどうなっているか?
農産物の生産高の割合は、どうだろうか?
などなど、目的に応じて自由自在に希望のデータが表示されます。利用は無料。
少し、使い方を学べば、誰もが自由にデータを活用できます。
この「RESAS」を近畿経済産業局に出向して学んで帰られた中井さんが、京都中央信用金庫の本店にいらっしゃって、成岡からこの素晴らしいデータの活用方法をレクチャーして欲しいとお願いし、実現しました。
当日は、20名を超える参加者で大盛況でした。

▲講演の模様 ▲大盛況となった会場

4月度NMO勉強会(京都)

2017年04月度NMO勉強会京都例会は、予定通り04月13日(木)19時からCOCON烏丸4階シティラボセミナールームで開催されました。
例年、04月度の例会は当年度の税制改正です。講師は、弊社顧問税理士の久乗 哲さんでした。平成29年度は、もともと消費税を10%にする予定の軽減税率の課題があり、その対応が焦点でしたが、消費税増税が先送りになり、当年度の税制改正の目玉はあまりありません。
強いて言えば、中小企業の経営革新計画認定による固定資産税の軽減措置と、事業承継税制の改正でした。

▲講師の久乗哲氏 ▲熱心に聞き入る参加者