成岡マネジメントオフィス

NMO勉強会(大阪)

6月の開催ご案内

2017年6月度 第146回 NMO勉強会(大阪)
日時:6月20日(火) 19:00〜21:00
会場:大阪産業創造館6F-D会議室(地下鉄堺筋本町駅徒歩3分)
参加費:1,000円(当日徴収)

講師:八田 信男氏(IDEC株式会社取締役・株式会社ファーマフーズ監査役)
テーマ:AIとニューエコノミー
    〜IoTと日本らしさ〜

●どなたでもご参加いただけます。参加ご希望の方は、「6月大阪例会参加希望」とご明記のうえE-mailにてご連絡ください。



7月の開催ご案内

2017年7月度 第147回 NMO勉強会(大阪)
日時:7月18日(火) 19:00〜21:00
会場:大阪産業創造館6F-D会議室(地下鉄堺筋本町駅徒歩3分)
参加費:1,000円(当日徴収)

講師:成岡 秀夫(NMO勉強会主宰代表)
テーマ:当世ベトナム事情
    〜今後有望な東南アジアの市場を見る〜

●どなたでもご参加いただけます。参加ご希望の方は、「7月大阪例会参加希望」とご明記のうえE-mailにてご連絡ください。



■8月度から大阪例会の開催は中止の方向で現在検討中です。

会場(大阪産業創造館)案内図

大阪産業創造

■所在地:大阪市中央区本町1-4-5 Googleマップで見る
■最寄駅:地下鉄堺筋線・堺筋本町駅 12番出口より徒歩3分
     地下鉄中央線・堺筋本町駅 2番出口より徒歩3分
大阪産業創造館のサイトへ



最新勉強会レポート

5月度NMO勉強会(大阪)

2017年05月度NMO勉強会大阪例会は、予定通り05月16日(火)19時から大阪産創館にて開催されました。
今月度のテーマは、京都例会に引き続き「RESAS」でした。京都例会では20名を超える大盛況だったにもかかわらず、大阪例会では数名の参加にとどまり、関心の低さが際立ちました。
特に、このシステムは自治体の職員の方が活用することを前提に構築されており、どうも自治体は自治体で独自のシステムを構築しており、他人の作ったものは使わないという主義のようです。
莫大な税金を投入して構築したシステムが、あまり活用されずにお蔵入りするという例は、過去枚挙にいとまないのですが。
そうならないように願います。

▲講師の中井忍氏 ▲熱心に聞き入る参加者

4月度NMO勉強会(大阪)

2017年04月の大阪例会は、講師の体調不良のため、中止いたしました。



3月度NMO勉強会(神戸大阪合同)

2017年03月の大阪例会は、神戸大阪の合同例会として、03月14日(火)18時30分から神戸三宮の勤労会館にて開催されました。
今回の講師は、診断士の千田徹夫氏。参加されている兵庫県の研究会では、「ひょうごオンリーワン企業に学ぶ」として、兵庫県下の際立った企業の経営ノウハウを研究されています。
その対象企業のひとつ「東海バネ工業株式会社」を中心に、「成功創業者の行動と意識」と題して講演をしていただきました。
得ることの多い内容で、参加した多くの診断士さんたちは、大いに満足の様子でした。

▲講師の千田徹夫氏 ▲熱心に聞き入る参加者

2月度NMO勉強会(大阪)

2017年02月度のNMO勉強会大阪例会は、予定通り02月21日(火)19時から大阪産業創造館6階にて開催されました。
今月のテーマは、京都例会と同じで「金融機関から見たローカルベンチマーク」。
大阪経済財産業局から京都信用金庫に出向している梶山さんに、京都例会と同じく講演していただきました。
このテーマは、やはり関心が高く、京都例会と同様に多くの参加がありました。やはり、今後の金融機関との対話が、このツールを中心に展開されるとの認識が広まってきたようです。

▲講師の梶山哲平氏 ▲熱心に聞き入る参加者

1月度NMO勉強会(大阪)

2017年の大阪初めてのNMO勉強会は、予定通り01月17日(火)19時から大阪産業創造館にて開催されました。
今月のテーマは京都例会と同じく、「水素ガス社会の到来」。
燃料電池車、水素ガスステーションなどの投資に見合うリターンがないまま事業がどんどん拡張していく岩谷産業。
その営業の最前線にいる青木さんに、正直ベースで実際の事業の進捗などを語っていただきました。

▲講師の青木孝之氏 ▲熱心に聞き入る参加者

12月度NMO勉強会(京都大阪合同)


▲満席となった会場

2016年最終の12月例会は、引き続き開催のクリスマス会の前に、京都大阪合同例会として12月23日(金)祭日の16時からCOCON烏丸4階のセミナールームで開催しました。
今回のテーマは、「中小企業のM&A」。特に関心が高かったようで、予想外に20名近くの方に参加いただきました。
譲り渡す側、譲り受ける側、双方にいろいろな事情を抱えることが多い中小企業で、どのようにすれば円滑に進行するのか。いろいろなケースにおいて起こった事例を取り上げ、気を付ける点や事業価値算出の方法などを解説しました。